黒 にんにく 食べ 合わせ

【こんな時は食べちゃダメ!】黒ニンニクの食べ合わせや副作用

黒にんにく 食べ合わせ

 

「元気」「健康」「美容」に効果があると言われている黒ニンニク。

 

他の食べ物との食べ合わせでその効果がアップしたり、ある薬との飲み合わせで薬の効果を妨げてしまうことがあります。

 

今回はそんな黒ニンニクの「食べ合わせ」や「こんな時には食べないほうが良いタイミング」について解説していきます。

 

 

この記事でわかること。
・黒ニンニクはどんな食べ物と一緒に食べると効果がアップするの?
・一緒に摂らない方が良い薬は?
・副作用は?
・食べるのを控えたほうが良い人は?

 

黒ニンニクを効果的で安全に食べたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

 

 

まずは、効果がアップする食べ合わせをご紹介します。

 

黒ニンニクはどんな食べ物と一緒に食べると効果がアップするの?

 

黒ニンニクは次のようなものと一緒に食べると効果がアップします。

 

黒ニンニク+豚肉

 

ビタミンB1が豊富に含まれた豚肉を黒ニンニクと一緒に食べることで、ビタミンB1だけ摂った時よりも長時間体の中にとどまり効果を発揮します。

 

「ビタミンB1」の効果
1.糖質からエネルギーを作り出す
2.皮膚や粘膜を健康な状態に保つ
3.糖質を栄養源とする脳神経系の正常な働きを保つ

 

 

黒ニンニク+卵黄

 

黒ニンニクと同じような効果をもっている卵黄(卵の黄身)と一緒に食べることで相乗効果が期待できます。

 

卵黄には
1.悪玉コレステロールを除去する
2.抗酸化作用(老化予防)
という黒ニンニクと同じような効果があります。

 

悪玉コレステロールを除去することで脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。

 

抗酸化作用とは、老化を促進する活性酸素を除去する作用のことです。
アンチエイジング効果が期待できます。

 

 

この2つの効果をアップしたい方は黒ニンニクと卵黄を一緒に摂ることをおすすめします。

 

 

黒ニンニク+お茶

黒にんにく ニオイ
(伊東家の食卓より)

 

黒ニンニクはニンニクに比べてニオイが少ないですが、それでもニオイが気になる方はお茶を飲むとニオイを消してくれます。

 

 

 

黒ニンニクと一緒に摂らない方が良い薬は?

黒にんにく 薬

 

黒ニンニクと一緒に摂取すると薬効が妨げられる薬があるので気をつけましょう。

 

抗凝固剤ワルファリン

 

黒ニンニクを食べると血液が固まらないようにする効果のある「抗凝固剤ワルファリン」の薬効が低下することがあります。

 

 

サキナビル

 

黒ニンニクを食べるとHIV感染の治療薬である「サキナビル」の薬効を妨げます。

 

(参考:厚生労働省「統合医療」情報発信サイト「イージム」)

 

 

 

また、黒ニンニクには血液をサラサラにする働きがあります。
黒にんにく 血液サラサラ

 

その働きにより次のような効果が期待できます。

・血圧の低下(高血圧の改善)

・脳梗塞(脳の血管に血栓が詰まって起こる病気)の予防
・心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)の予防

 

 

しかし、手術や歯の治療がある場合や出血性疾患がある場合は逆に問題となる場合があるので、そのような場合は黒ニンニクを食べないようにしましょう。

 

 

 

食べるのを控えたほうが良い人は?

 

黒ニンニクを食べない方がいい人もいるので、ご紹介しておきます。

 

ニンニクにアレルギーを持っている人

 

ニンニクにアレルギーを持っている人は基本的には黒ニンニクの摂取はおすすめできません。

 

それでも食べたい人はお医者さんに相談したうえで判断してください。

 

 

 

副作用は?

黒にんにく 「腹痛」「下痢」

 

黒ニンニクは食べ過ぎると腹痛や下痢をおこしてしまう可能性がゼロではありません。

 

なぜなら、ニンニクに含まれている腹痛や下痢を引き起こす「アリシン」という成分が残っている可能性があるからです。

 

「アリシン」は抗菌殺菌作用が強く、たくさん摂取すると腸内の悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺してしまい腸内のバランスを崩してしまう成分です。

 

良質な黒ニンニクなら、熟成されている間に「アリシン」はほとんど「S-アリルシステイン」という安全な成分に変化しているのですが、しっかりとした「温度帯」や「熟成期間」で作られていないものは「アリシン」が残っている場合があります。

 

身体が敏感に反応してしまう体質の方は、この「アリシン」で腹痛や下痢を起こしてしまいます。

 

出来るだけ良質な黒ニンニクを食べることが重要になります。

 

良質な黒ニンニクとは

 

 

 

黒ニンニクの食べ合わせや副作用

まとめ

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 豚肉や卵黄と一緒に食べると効果がアップする
  2. お茶を一緒に飲むとニオイが消える
  3. 「ワルファリン」「サキナビル」と一緒に摂ると薬効を妨げる
  4. 手術や歯の治療がある場合や出血性疾患がある場合は食べない
  5. ニンニクにアレルギーを持っている人はお医者さんに相談する
  6. 腹痛や下痢にならないために良質な黒ニンニクを選ぶ

 

 

 

黒ニンニクには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果が白いニンニクの4倍

2.がん予防
3.免疫力の向上
4.アンチエイジング効果(美肌効果)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.動脈硬化を予防し「脳梗塞」「心筋梗塞」を防ぐ
8.高血圧の改善(血液をサラサラに)
・・・etc

 

しかし、それは良質な黒ニンニクを食べている場合です。

 

 

良質な黒ニンニクを説明しておくと
良質な黒ニンニクとはしっかりした専門業者が「温度」「熟成期間」などの研究を重ねて栄養がもっとも増加する方法で作られた黒ニンニクのことです。

 

同じ黒ニンニクでもつぎのようなものは栄養・効果・安全性が大きく違います。

 

・炊飯器などで自作したもの
・あやしい業者から買った安いもの

 

 

黒ニンニクの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると「黒ニンニク」にはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒ニンニクを代表する成分はあまり増加しません。

 

 

そこで、高い効果を必要としている方のために
本当におすすめできる良質な黒ニンニクをご紹介させていただきます。
・モンドセレクション金賞を13年連続獲得している
・食品安全の世界規格FSSC22000認証取得
という最高品質の黒ニンニクです。

 

最高品質の黒ニンニクはこちらの記事でご紹介しています

 

 

 

⇒⇒⇒いますぐ最高品質を買いたい方はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事もご紹介しています。